• 日本発祥のホワイトデー

    ・日本発祥のホワイトデー

    3月14日は、バレンタインデーにチョコレートやプレゼントを貰った男性から女性にお返しをするホワイトデーです。毎年この時期が近付くと、お返し選びを真剣に考える男性の姿が多く見られます。実はこのホワイトデーは、日本から生まれた文化なのです。
    日本ではすっかり定着しているイベントですが、バレンタインが盛んな欧米にはこのイベントはありません。欧米では恋人同士や家族間でクッキーやキャンディーをお互いに贈り合うことはありますが、日本のように愛の告白へのお礼や貰ったものへのお返しという意味合いは含まれていません。
    韓国や台湾などアジア圏の国では同様のイベントがありますが、それは日本から影響を受けたものです。
    本命、義理に関わらず、貰った贈り物にはきちんとお返しをするという習慣がある日本人にとってホワイトデーは定着しやすく、今ではバレンタインデーに続く国民的なイベントとなっています。

  • ホワイトデーの始まり

    ・ホワイトデーの始まり

    このイベントの起源となったのは老舗の和菓子屋が始まりだったと言われています。バレンタインデーが登場して暫くたった1970年代に老舗の和菓子屋がバレンタインのお返しに「マシュマロデー」として、白いマシュマロを売り出しました。
    これに追随して、他のお菓子会社でもクッキーやキャンディーをお返しとして贈ろうという動きが始まり、大々的に宣伝するようになりました。
    そして、正式に現在のホワイトデーが始まったのが1980年です。純潔というイメージのある「ホワイト」という言葉が採用されたのもこの時です。第一回のホワイトデーとして東京の百貨店でバレンタインのお返しのプレゼントとしてクッキーやキャンディーなどのお菓子を販売するイベントが開催されました。
    日本ではお馴染みとなったこのイベントは、様々な製菓会社や店舗の努力によって始まったものだったのです
    近年では各メーカーの宣伝やキャンペーンによって、お菓子だけでなくハンカチや雑貨、下着などプレゼントの幅も大きく拡がり、毎年全国で盛り上がりを見せています。