• 各年代のバレンタイン事情

    ・各年代のバレンタイン事情

    好きな人や家族、友達など、バレンタインデーにチョコレートを贈る相手は様々です。誰にどんなチョコレートをあげるか考えるだけでもウキウキするものですが、贈る相手は年齢別にみるとどのような特徴があるのでしょうか?

  • 10代のバレンタイン

    ・10代のバレンタイン

    10代の場合は、やはり好きな人、彼氏にチョコレートを贈るのがバレンタインのメインイベントです。好きな人に告白する絶好のチャンスなので気合いが入っている女性も多いでしょう。学校で女友達とお互いにチョコレートを贈り合う友チョコも人気です。色々な種類のチョコレートを贈り合うことができ、女子ならではのバレンタインの楽しみ方です。また、いつも見守ってくれている父親や兄弟にもチョコレートをあげる方も非常に多いでしょう。

  • 20代のバレンタイン

    ・20代のバレンタイン

    20代になると家族や恋人、好きな人に加えて、仕事関係でチョコレートをあげる相手が増えるのが特徴です。学校を卒業して社会人になると、人間関係が大きく拡がります。会社の上司や同僚、取引先など、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちを伝えるための義理チョコを贈る機会が多くなります。10代の頃に比べると贈る相手が多くなるので大変ではありますが、仕事での人間関係をうまく保っていくためにも大切なイベントになってきます。
    また、いつも仕事を頑張っている自分自身に少し奮発してチョコレートを買うという自分チョコも人気があります。バレンタインに普段は目にすることのないような珍しいチョコレートがたくさん販売されています。バレンタインデーだからこそできる自分へのご褒美を毎年楽しみにしている女性も多いです。

  • 30代からのバレンタイン

    ・30代からのバレンタイン

    30代、40代以降になると、結婚して家庭を持つ女性も増えます。家庭を持つと会う機会が少なくなる兄弟へのチョコレートは減りますが、その代わりに夫や可愛い我が子へ贈るチョコレートが増える傾向にあります。そして、夫の家族との関係も良好に保つために、義理の父親にも贈る女性も多いです。子供と一緒にチョコレートを手作りをしたり、家族に贈ったり、家庭の笑顔が増える楽しい一日になります。