• 海外の様々なバレンタインデー

    ・海外の様々なバレンタインデー

    バレンタインデーといえば、日本では女性から男性にチョコレートを贈って気持ちを伝える日として定着しています。
    海外でもバレンタインデーは大きなイベントとなっています。しかし、日本と同じようにバレンタインデーを過ごしているわけではなく、海外では少し風習が異なっています。

  • アメリカのバレンタイン

    ・アメリカのバレンタイン

    アメリカでは男女双方から贈る場合もありますが、男性から女性にプレゼントを贈るのが主流です。日本のようにバレンタイン=チョコレートを贈る日というわけではなく、花束やジュエリーなどの高額なプレゼントを贈ったり、レストランを予約して一緒に過ごすことが多いようです。また、好きな人や恋人だけでなく、普段お世話になっている人に感謝の意を伝えるという日でもあるため、バレンタインカードを送る習慣が定着しています。

  • バレンタインには花束を

    ・バレンタインには花束を

    イギリスや中国でも、男性から女性に花束やプレゼントを贈ります。中国では女性に贈る花束の数に重要な意味が込められています。1本は「あなただけに」、99本は「永遠に」、100本はプロポーズの意味があります。中国独特のバレンタインの習慣ですが、非常にロマンチックです。

  • 恋人同士のためのバレンタイン

    ・恋人同士のためのバレンタイン

    ドイツでのバレンタインは、既に付き合っている相手や夫婦間でのイベントです。日本のように付き合っていない片想いの相手にチョコレートなどのプレゼントを贈るという認識はありません。
    同じくイタリアでも恋人同士の気持ちを確かめ合う日として過ごされているようです。また、この日に恋人同士が婚約すると良いとも言われています。

  • 韓国のバレンタイン

    ・韓国のバレンタイン

    韓国では日本と同じようにバレンタインデーには女性から好きな男性にチョコレートを贈り、ホワイトデーに男性からお返しをします。しかし、手作りチョコではなく、市販の高級なチョコレートを贈ることが多いようです。
    このように、バレンタインの風習は国によって様々です。海外では日本のようにチョコレートを贈る国の方が少ないようです。しかし、贈る相手やプレゼントは違っていても、大切な人に想いを伝えるという点では海外でも共通している素敵な日です。