• バレンタインデーの平均予算

    ・バレンタインデーの平均予算

    バレンタインデーが近付くと、店頭には様々な種類のチョコレートが並び目移りしてしまいます。手頃でお得なチョコレートから人気のパティシエが監修した高級チョコレートまで、幅広い価格帯の商品が販売されていますが、気になるのが平均予算です。
    自分だけあまりにも高すぎると浮いてしまうし、逆に安すぎるのも恥ずかしい気持ちになってしまいます。では、バレンタインにはどのくらいの金額のチョコレートを贈るのが平均的なのでしょうか。

  • 本命チョコレートは贅沢に

    ・本命チョコレートは贅沢に

    チョコレートの平均予算は本命か義理かで大きく異なります。やはり、好きな人にあげる本命チョコレートは平均予算も高くなる傾向にあり、2、3000円ほどのチョコレートを贈る方が多いようです。普段おやつに買うチョコレートは高くても500円程度ということを考えると、やはりバレンタインデーの本命チョコレートにかける想いは強く、皆奮発をしていることが分かります。

  • 義理チョコは出費を抑えて

    ・義理チョコは出費を抑えて

    色々な人に配る義理チョコの場合は一つにかける値段も低く抑える傾向にあり、平均予算は500円から1000円くらいが多いでしょう。最近ではワンコインでもおいしくて立派な義理チョコを手に入れることができるので、少ない金額でも贈る方も貰う方も嬉しい気持ちになります。上司など少し目上の方や仕事関係の人、お世話になっている人にはあまり安いチョコレートを贈るのも失礼にあたる場合があるので、少し奮発したチョコレートを贈って感謝の気持ちを表す方も多いようです。職場やクラスなど大勢に渡すという場合は、一人ずつに購入していてはあっという間に予算オーバーとなってしまうので、小さなチョコレートがたくさん入っている1000円程度の商品を一箱買って、みんなに食べてもらうということも多いです。
    もちろん、年齢によっても平均予算は異なります。バレンタインデーに何千円分もチョコレートを買うほどの余裕がないという方でも、手作りであれば費用を抑えてたくさん作ることもできますし、ラッピングやレシピを工夫して豪華な本命チョコレートを贈ることもできます。